• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい【愛】 の意味

  1. [音]アイ(呉)(漢) [訓]いとしい めでる かなしい おしむ
  1. 学習漢字]4年
  1. かわいがりいつくしむ。思いこがれる。いとおしいと思う気持ち。「愛妻愛情愛人愛憎恩愛求愛敬愛最愛自愛慈愛情愛親愛仁愛相愛寵愛 (ちょうあい) 溺愛 (できあい) 熱愛博愛偏愛盲愛恋愛
  1. 対象を気に入って楽しむ。「愛好愛読愛用
  1. 二つとない対象を大切にする。「愛顧愛護
  1. 大事なものを手放したくないと思う。おしむ。「愛惜割愛
  1. [名のり]あき・さね・ちか・ちかし・つね・なり・なる・のり・ひで・めぐむ・やす・よし・よしみ・より
  1. [難読]愛蘭 (アイルランド) 愛宕 (あたご) ・愛子 (あやし) ・愛子 (いとしご) 愛媛 (えひめ) 他愛 (たわい) ない愛弟子 (まなでし) 
  • あい【愛】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ どうもこの頃は読者も高級になっていますし、在来の恋小説には満足しないようになっていますから、……もっと深い人間性に根ざした、真面目な恋小説を書いて頂きたいのです。

      芥川竜之介「或恋愛小説」

    • ・・・クララは許婚の仲であるくせに、そしてこの青年の男らしい強さを尊敬しているくせに、そのをおとなしく受けようとはしなかったのだ。

      有島武郎「クララの出家」

    • ・・・意志薄弱なる空想家、自己および自己の生活を厳粛なる理性の判断から回避している卑怯者、劣敗者の心を筆にし口にしてわずかに慰めている臆病者、暇ある時に玩具を弄ぶような心をもって詩を書きかつ読むいわゆる詩家、および自己の神経組織の不健全なことを・・・

      石川啄木「弓町より」