• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし【足/脚/肢】 の意味

  1. ㋐動物の、胴体から分かれ、からだを支えたり歩行に使ったりする部分。「足が長い」
  1. ㋑くるぶしから先の部分。「足が大きい」
  1. 物の下・末にあたる部分。
  1. ㋐物の本体を支える、突き出た部分。また、地面に接する部分。「机の足」
  1. ㋑(脚)漢字を構成する部分で、上下の組み合わせからなる漢字の下側の部分。「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。
  1. ㋒数学で、ある一点から直線または平面に垂線をおろしたときの、その直線・平面と垂線との交点。
  1. ㋓船の、水につかる部分。
  1. ㋐歩くこと。走ること。また、その能力。「足を速める」「足の速い選手」
  1. ㋑雨・雲・風などの動くようすを足に見立てていう語。「細い雨の足」
  1. 行くこと。また、来ること。「客の足がとだえる」
  1. 移動の手段としての交通機関。乗りもの。「足の便がいい」
  1. 《「晋書」魯褒伝の「足無くして走る」から》金銭。ぜに。多く「おあし」の形で用いる。「お足が足りない」
    • 「多くの―を賜ひて」〈徒然・五一〉
  1. 餅 (もち) などの粘り。「足の強い餅」
  1. 損失。欠損。また、借金。
    • 「おっしゃる通り―だらけで江戸に居られず」〈伎・音聞浅間幻灯画〉
  1. 足金物 (あしかなもの) 。
  1. 10 (足)過去の相場の動きぐあい。
  1. [補説]哺乳動物には2本の前肢と2本の後肢があるが、ヒトでは前肢を上肢(手)、後肢を下肢(足)という。骨盤の下から足首までを「脚」(leg)、くるぶしから先を「足」(foot)と書いて区別することがある。

あし【足/脚/肢】の慣用句

  1. 足が有る
    • 速く走る能力がある。「あの選手は打撃はだめだが―・る」
    • 交通手段がある。
  1. 足が重い
    • 足がだるい。「一日中歩き回って―・い」
    • 出かけたりするのがいやだ。気がすすまない。「友を訪ねる―・い」
  1. 足が竦む
    • 恐怖や緊張のために足がこわばり自由に動かなくなる。「初めての舞台は―・んだ」
  1. 足が地に着かない
    • 緊張や興奮のため心が落ち着かない。
    • 考え方や行動が浮ついて、しっかりしていない。
  1. 足が付く
    • 犯人の身元や逃亡者の行方がわかる。犯罪事実が明らかになる。「残された指紋から―・く」
    • たちのよくない情夫ができる。
      「げい子にゃ又しても―・く」〈滑・膝栗毛・八〉
  1. 足が出る
    • 予算または収入よりも出費が多くなる。赤字になる。「旅行は運賃値上げ分だけ―◦出た」
    • 隠しごとが現れる。ぼろがでる。
  1. 足が遠のく
    • 今までよく行っていた所に行かなくなる。足が遠くなる。「両親が死んでからは、実家へはすっかり―・いた」
  1. 足が鈍る
    • 歩く力や走る力が低下する。
  1. 足が早い
    • 食物などが腐りやすい。「鯖(さば)は―・い」
    • 商品などの売れ行きがよい。
  1. 足が棒になる
    • 長く立ったり歩いたりして疲れ果て、足の筋肉がこわばる。「一日中立ちっ放しで―・ってしまった」
  1. 足が向く
    • 知らず知らずその方へ行く。「なじみの店に―・く」
  1. 足に任せる
    • 特に目的を決めないで、気の向くままに歩く。また、足の力の続く限り歩く。「―・せて全国各地を旅する」
  1. 足の踏み場もない
    • 足を下ろすだけのわずかなすき間もないほど、物が散らかっている。
  1. 足参る
    • 貴人の足をもみ、さする。
      「御―・れと候へば、参り候ひつる」〈今昔・二六・一七〉
  1. 足を洗う
    • 悪い仲間から離れる。好ましくない生活をやめる。職業・仕事をやめる場合にも用いる。「やくざな稼業から―・う」
  1. 足を入れる
    • ある場所、ある世界に入る。「芸能界に―・れる」
  1. 足を奪う
    • 事故などが交通機関を止めて、人の移動を不可能にする。「大雪が市民の―・う」
  1. 足を限りに
    • 足の続く限り。歩ける限り。
  1. 足を重ねて立ち目を側てて視る
    • 《「史記」汲黯(きゅうあん)伝から》両足をくっつけて立ち、うつむいて横目でうかがう。非常に恐れるさまをいう。
  1. 足を掬う
    • 相手のすきをついて失敗させる。「ライバルの―・う」
    • [補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「をすくわれる」を使う人が16.7パーセント、本来の言い方ではない「足下をすくわれる」を使う人が74.1パーセントという逆転した結果が出ている。
  1. 足を掬われる
  1. 足を擂り粉木にする
    • 足がすりこぎのようにすりへるまで歩きまわる。
  1. 足を空に
    • 足が地につかないほどあわて急ぐさま。
      「ことごとしくののしりて―惑ふが」〈徒然・一九〉
  1. 足を出す
    • 予算または収入を超える金額を使う。赤字にする。「―・さずに切り盛りする」
  1. 足を使う
    • 活発に動き回る。「―・って情報を集める」
  1. 足を付ける
    • 手がかりやきっかけを作る。
      「饅頭(まんぢゅう)一つ、隣さじきの子供にやる。これにて―・けて酒を飲まうといふ下ごころなり」〈滑・膝栗毛・七〉
  1. 足を取られる
    • 道の状態が悪いときや酒に酔ったときなどに、思うように足を動かせず、歩行・走行が困難になる。「ぬかるみに―◦れる」
    • 交通機関が止まり、それを利用できなくなる。「脱線事故のため―◦れる」
  1. 足を抜く
    • 好ましくない関係を打ち切る。不本意な環境から抜け出す。
  1. 足を延ばす
    • いま来ている所より、さらに遠くまで行く。「出張のついでに郷里へ―・す」
  1. 足を運ぶ
    • あることのために、わざわざ出向く。「何度も―・んでいただき、申し訳ありません」
  1. 足を引っ張る
    • 人の成功や前進をじゃまする。また、妨げとなる。「チームの―・る」
  1. 足を踏み入れる
    • 入り込む。また、新たに関係するようになる。「未知の分野に―・れる」
  1. 足を棒にする
    • くたくたに疲れるまであちこち歩きまわる。あることのために奔走するたとえ。「一日中―◦して職を探し回る」
  1. 足を向けて寝られない
  1. 足を向ける
    • その方向へ行く。
    • (「足を向けて寝られない」の形で)ある人に感謝・尊敬の気持ちを表すときに用いる。
  • あし【足/脚/肢】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・一行はその時、ある山駅の茶店にを休めていた。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・昼間でも草の中にはもう虫の音がしていましたが、それでも砂は熱くって、裸だと時々草の上に駈け上らなければいられないほどでした。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・もしこの椅子のようなものの四方に、肘を懸ける所にも、背中で倚り掛かる所にも、の所にも白い革紐が垂れていなくって、金属で拵えた首を持たせる物がなくって、乳色の下鋪の上に固定してある硝子製のの尖がなかったなら、これも常の椅子のように見えて、・・・

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」