• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

がい‐ち〔グワイ‐〕【外地】 の意味

  1. 日本の国土からみて、外国の土地。
  1. 第二次大戦敗戦前に、本土以外の日本領土を呼んだ語。朝鮮半島台湾など。⇔内地
  • がい‐ち〔グワイ‐〕【外地】の例文

    出典:青空文庫

    •  武田さんは外地より帰って間もなく「弥生さん」という題の小説を書いた。

      織田作之助「四月馬鹿」

    • ・・・ 小沢は外地から復員して、今夜やっと故郷の大阪へ帰って来たばかしだが、終戦後の都会や近郊の辻強盗の噂は、汽車の中できいて知っていた。

      織田作之助「夜光虫」

    • ・・・内地では、二、三時間汽車に乗っても、大旅行の感じでとても気疲れがするのだが、外地では十時間二十時間の汽車旅行なんて、まるで隣村へ行くくらいの気軽なものなのだからね。

      太宰治「雀」