• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ・し【悪し】 の意味

  1. [形シク](「よし」に対して)物事のありさまがよくない。また、不快な感じをもつさま。
  1. 本性・本質・気分・状態などについていう。
  1. ㋐快くない。
    • 「このもとの女―・しと思へるけしきもなくて」〈伊勢・二三〉
  1. ㋑不都合だ。
    • 「ここには弓場 (ゆみば) なくて―・しかりぬべしとて」〈かげろふ・中〉
  1. ㋒容姿が悪い。みにくい。
    • 「よき女といへど、ひとりあるは、―・しき二人に劣りたるものなれば」〈宇津保・吹上上〉
  1. ㋓貧しい。
    • 「いかにしてあらむ。―・しうてやあらむ、よくてやあらむ」〈大和・一四八〉
  1. ㋔粗末だ。粗悪だ。
    • 「下衆 (げす) 女のなり―・しきが子負ひたる」〈・一二二〉
  1. ㋕不適当だ。ふさわしくない。
    • 「かかる御ありきし給ふ、いと―・しきことなり」〈大和・二〉
  1. ㋖(技能などが)へただ。まずい。
    • 「中納言、―・しく探ればなきなり、と腹立ちて」〈竹取
  1. ㋗(自然状況が)険悪だ。
    • 「けふ、風雲のけしき、はなはだ―・し」〈土佐
  1. (正・善に対して)よくない。不正だ。
    • 「昔の犯しの深さによりて、―・しき身を受けたり」〈宇津保・俊蔭〉
  1. (吉に対して)運・縁起などが凶だ。
    • 「例の所には方―・しとてとどまりぬ」〈かげろふ・中〉
  1. (動詞の連用形に付いて)…することがいやだ。…しにくい。
    • 「他国 (ひとくに) は住み―・しとそいふ速 (すむや) けくはや帰りませ恋ひ死なぬとに」〈・三七四八〉
  1. [補説](1) 現代語では、「よし」と対を成す形で「よしあし」「よかれあしかれ」「よきにつけあしきにつけ」などの語句の中にみられるほか、連体形「あしき」の形で「あしき前例を残す」など文章語的に用いられ、また、「あしからずご了承ください」「折あしく出張中だった」のような語形に用いられる。(2) 口語形「あしい」は、中世に生じたが今は用いられない。→悪 (あ) しい
  • あ・し【悪し】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・いや、またお一どのの指環を銜えたのが悪ければ、晴上がった雨も悪し、ほかほかとした陽気も悪し、虹も悪い、と云わねばならぬ。

      泉鏡花「紅玉」

    • ・・・私ならぐうの音も出させやしないと、まあ、そう思ったもんだから、ちっとも言分は立たないし、跋も悪しで、あっちゃアお仲さんにまかしておいて、お前さんを探して来たんだがね。

      泉鏡花「清心庵」

    • ・・・「どうでしょうか、此方様にも御存じはなしさ、ただ好い女だって途中で聞いて来たもんだから、どうぞ悪しからず。

      泉鏡花「湯女の魂」