• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あじ〔あぢ〕【味】 の意味

  1. [名]
  1. 舌の味覚神経が飲食物に触れたときの感じ。甘味・酸味などや温度の総合した感じ。「味をつける」「スープの味が濃い」「あっさりした味」「他店より味が落ちる」
  1. そのもののもっている趣。含蓄。よさ。「味のある絵」「演技に味が出る」
  1. 物事を経験したあとでの感じ。「当選の味」「夜遊びの味」
  1. 相場の動きの状態。
  1. 囲碁・将棋で、のちに影響の出そうな指し手。「味が悪い手」
  1. [形動][文][ナリ]一風変わって、おもしろいさま。また、気のきいているさま。しゃれているさま。おつ。「縁 (えん) は異 (い) なもの味なもの」「味な趣向」

あじ〔あぢ〕【味】の慣用句

  1. 味な事をやる
    • 気のきいたことをする。
  1. 味も素っ気もない
    • 無味乾燥で趣や潤いに欠けるさま。「―・い説明」
  1. 味を覚える
    • 一度体験をすることによってその物事のおもしろみがわかるようになる。「ぜいたくな―・える」
  1. 味を占める
    • 一度うまくいったことからその妙味を知り、暗に次にも同様のことを期待する。「株でもうけて―・める」
  1. 味をやる
    • うまくやる。うまいことをする。
    • 気のきいたことをする。味なことをする。
      「ほんに室町の阿呆(たはけ)が―・るぞ」〈浮・禁短気・二〉
  • あじ〔あぢ〕【味】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼は、事業を完成した満足をったばかりでなく、道徳を体現した満足をも、同時にう事が出来たのである。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・物の輪郭が円を帯びずに、堅いままで黒ずんで行くこちんとした寒い晩秋の夜が来た。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・その珈琲はちっともがない。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」