• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしお〔あしを〕【足尾】

  1. 栃木県西部、上都賀郡にあった町。平成18年(2006)3月、今市市・栗山村・藤原町とともに日光市に合併。→日光
  1. あしおさんち【足尾山地】
    • 栃木県北西部から群馬県北東部に広がる山地。北は大谷(だいや)中禅寺湖、西は渡良瀬川、東と南は関東平野で囲まれる。最高峰の夕日岳(標高1526メートル)をはじめ、1000~1500メートル級の山が南北に連なる。渡良瀬川に面する西斜面は急で、東斜面は緩やか。一部は日光国立公園に属する。
  1. あしおどうざん【足尾銅山】
    • 日光市足尾町にあった銅山。もと江戸幕府の直轄。明治に入り古河鉱業が経営。昭和48年(1973)閉山。
  1. あしおどうざんこうどくじけん【足尾銅山鉱毒事件】
    • 明治中期、足尾銅山の廃液が原因となって起きた公害事件。汚染した渡良瀬川流域の被害農民らの再三の請願や、田中正造の天皇への直訴で、政治・社会問題となったが、政府の弾圧と切り崩し策で運動は衰退した。日本公害運動の原点とされる。