• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしかが【足利】

  1. 栃木県南西部の市。もと宿場町。足利氏発祥の地で、史跡が多い。中世末以来、絹織物の主要産地。現在は繊維工業のほか、機械・化学工業も盛ん。人口15.4万(2010)。
  1. あしかがおり【足利織】
  1. あしかががっこう【足利学校】
    • 足利市昌平町にあった学問所。創設者には諸説がある。室町期に上杉憲実(うえすぎのりざね)が再興。武士・僧侶・医師に儒書・易書・医書などを講述した。天文~慶長・元和(1532~1624)ごろが最盛期で「坂東の学校」と称され、明治初年まで存続した。現在、敷地内に足利学校遺跡図書館があり、宋版など貴重な典籍群を所蔵。
  1. あしかががっこういせきとしょかん【足利学校遺跡図書館】
    • 栃木県の史跡足利学校敷地内にある図書館。明治36年(1903)設立。蔵書約3万2000冊。足利文庫から蔵書を引き継ぎ、管理している。
  1. あしかがこうぎょうだいがく【足利工業大学】
    • 栃木県足利市にある私立大学。昭和42年(1967)に開学した単科大学。平成2年(1990)に大学院を設置した。
  1. あしかがし【足利市】
  1. あしかがぶんこ【足利文庫】