• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしかが【足利】 の意味

あしかが【足利】の慣用句

  1. あしかがうじみつ【足利氏満】
    • [1359~1398]南北朝時代の武将。基氏の子。鎌倉公方(くぼう)。将軍義満を除こうとしたが、執事上杉憲春の諫死(かんし)により中止。以後は関東・奥羽の支配に努めた。
  1. あしかがしげうじ【足利成氏】
    • [1434~1497]室町中期の武将。鎌倉公方(くぼう)となり、享徳3年(1454)管領上杉憲忠(うえすぎのりただ)を殺して幕府と対立。翌年下総(しもうさ)古河(こが)に移り、古河公方と称した。
  1. あしかがじだい【足利時代】
  1. あしかがたかうじ【足利尊氏】
  1. あしかがただふゆ【足利直冬】
  1. あしかがただよし【足利直義】
    • [1306~1352]南北朝時代の武将。尊氏の弟。尊氏とともに建武の中興に参加したが、のちに不和となり、毒殺された。錦小路殿。
  1. あしかがばくふ【足利幕府】
  1. あしかがまさとも【足利政知】
  1. あしかがもちうじ【足利持氏】
  1. あしかがもとうじ【足利基氏】
    • [1340~1367]南北朝時代の武将。尊氏の子。初代の鎌倉公方(くぼう)となり、東国に室町幕府の勢力を確立した。
  1. あしかがよしあき【足利義昭】
    • [1537~1597]室町幕府第15代将軍。在職1568~1573。初め奈良一乗院に入り覚慶と称したが、還俗(げんぞく)して義秋、のち義昭と改めた。織田信長に擁立されて将軍となったが、のち、信長を討とうとして京都を追われ、室町幕府は滅亡した。諸国を流浪した後、大坂で死去。
  1. あしかがよしあきら【足利義詮】
    • [1330~1367]室町幕府第2代将軍。在職1358~1367。尊氏の子。尊氏の名代として、新田義貞の鎌倉攻めに参加。尊氏の死後、正平13=延文3年(1358)将軍となった。
  1. あしかがよしかず【足利義量】
    • [1407~1425]室町幕府第5代将軍。在職1423~1425。義持の子。17歳で将軍となったが、2年後病死。
  1. あしかがよしかつ【足利義勝】
    • [1434~1443]室町幕府第7代将軍。在職1442~1443。義教(よしのり)の子。嘉吉2年(1442)8歳で家督を継いだが、2年後病死。
  1. あしかがよしずみ【足利義澄】
  1. あしかがよしたね【足利義稙】
    • [1466~1523]室町幕府第10代将軍。義視(よしみ)の子。延徳2年(1490)将軍となり、明応2年(1493)細川政元に追われたが、永正5年(1508)再び将軍となった。大永元年(1521)管領細川高国の乱により淡路に逃れた。島公方(しまくぼう)。流れ公方。
  1. あしかがよしてる【足利義輝】
    • [1536~1565]室町幕府第13代将軍。在職1546~1565。義晴の子。三好・松永氏らの勢力が強く、将軍職は有名無実であった。松永久秀に攻められて敗死。
  1. あしかがよしのり【足利義教】
  1. あしかがよしはる【足利義晴】
    • [1511~1550]室町幕府第12代将軍。在職1521~1546。義澄の子。細川高国に擁立され将軍となったが実権がなく、天文15年(1546)、将軍職を子の義輝に譲った。
  1. あしかがよしひさ【足利義尚】
    • [1465~1489]室町幕府第9代将軍。在職1473~1489。義政の子。母は日野富子。文明5年(1473)将軍となる。叔父義視(よしみ)との継嗣争いが応仁の乱の一因となった。近江の六角高頼の討伐中に病没した。
  1. あしかがよしひで【足利義栄】
    • [1540~1568]室町幕府第14代将軍。永禄11年(1568)三好氏に迎えられて将軍となったが、同年織田信長義昭を立てて入京したので摂津に逃れ、病没。
  1. あしかがよしまさ【足利義政】
  1. あしかがよしみ【足利義視】
    • [1439~1491]室町中期の武将。義教の子。義政の弟。兄の養子となって将軍後継者に擬せられたが、義尚(よしひさ)が生まれてから継嗣争いが起こり、応仁の乱を誘発した。今出川殿。
  1. あしかがよしみつ【足利義満】
  1. あしかがよしもち【足利義持】
    • [1386~1428]室町幕府第4代将軍。在職1394~1423。義満の子。応永元年(1394)9歳で将軍となる。父の死後、日明(にちみん)貿易を中止するなど独自の政策が目立った。