• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かえ‐せん〔かへ‐〕【替銭】 の意味

  1. 中世の為替の一。遠隔地へ送金するのに、替銭屋・割符屋 (さいふや) とよばれる商人に現金を払い込み、為替手形を組ませて送金するもの。後世の為替と両替の両面の機能をもつ。かいせん。かえぜに。かわし。→替米 (かえまい) 

かえ‐せん〔かへ‐〕【替銭】の慣用句

  1. かえせんや【替銭屋】
    • 鎌倉・室町時代、為替業務を取り扱った商人。割符屋(さいふや)