• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐かけ【足掛(け)】

  1. 足を掛けること。また、足を掛けるもの。
  1. 年・月・日を数える場合、1年・1月・1日に満たない前後の端数をそれぞれ1として数える数え方。例えば、ある年の12月から翌々年の1月までなら「足掛け三年」と数える。→丸 (まる) 満 (まん) 
  1. 《「あしがけ」とも》柔道などで、相手の足に自分の足を掛けて倒す技。
  1. 足掛け上がり」の略。
  1. あしかけあがり【足掛(け)上(が)り】
    • 鉄棒運動で、片方のひざの後ろ側を両手の間または外で鉄棒に掛け、もう片方の足を後ろへ強く振って上方にあがること。