• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしがら【足柄】 の意味

  1. 神奈川県西部、小田原市南足柄市を中心とする地方名。

あしがら【足柄】の慣用句

  1. あしがらのせき【足柄の関】
    • 足柄山東麓にあった関所。かつての交通の要所。
  1. あしがらやま【足柄山】
    • 神奈川・静岡県境にある足柄峠を中心とする山地。古くは金時山を含めた山々の総称。坂田金時金太郎)の伝説の地。[歌枕]
  • あしがら【足柄】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・秩父から足柄箱根の山山、富士の高峯も見える。

      伊藤左千夫「野菊の墓」

    • 足柄山の熊がお入用だとあれば、直ぐここで足柄山の熊をお椀にして差し上げます……」 すると見物の一人が、大きな声でこう叫りました。

      小山内薫「梨の実」

    • ・・・箱根足柄の上を包むと見えし雲は黄金色にそまりぬ。

      国木田独歩「たき火」