• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしから‐ず【悪しからず】 の意味

  1. [連語]相手の希望や意向に添えない場合などに用いる語。悪く思わないで。気を悪くしないで。「どうか悪しからず御了承ください」
  • あしから‐ず【悪しからず】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし今日はぜひ諸君に聞いていただかねばならぬ用事があったことですから悪しからず許してください。

      有島武郎「小作人への告別」

    • ・・・「どうでしょうか、此方様にも御存じはなしさ、ただ好い女だって途中で聞いて来たもんだから、どうぞ悪しからず

      泉鏡花「湯女の魂」

    • ・・・――子供同士の喧嘩です、先生、どうぞ悪しからず

      岩野泡鳴「耽溺」