かか・る【掛(か)る/懸(か)る/係る】

  1. [動ラ五(四)]
  1. ㋐上が固定された状態で、高い所からぶらさがる。上から下へさがる。「壁に絵が―・っている」「カーテンの―・っている部屋」
  1. ㋑中空など、高い所に位置する。「月が中天に―・る」
  1. ㋒目につくように高い所に掲げられる。「高札が―・る」「磔 (はりつけ) に―・る」
  1. (「繋る」とも書く)船が停泊する。係留される。「客船が桟橋に―・っている」
  1. ㋐火に当てるために容器が上からつるしさげられる。また、火の上に据え置かれる。「ガスに鍋が―・っている」
  1. ㋑《竿秤 (さおばかり) にぶらさげて計量するところから》はかりに受けとめられる。…の目方がある。「重すぎてはかりに―・らない」「四キロ―・る(=目方ガホボ四キロアル)」
  1. ㋐(「架かる」とも書く)物が一方から他方へまたぐように渡される。「橋が―・る」
  1. ㋑ひも・縄などが物のまわりにかけ渡される。「水引の―・った祝いの品」
  1. ㋒張り巡らすようにして作られる。一時的に設営される。「クモの巣が―・る」「小屋が―・る」
  1. ㋓《仮小屋を作って行われたところから》興行される。上演・上映される。「見世物が―・る」「評判の映画が―・っている」
  1. ㋐ほかのものの上にかぶさる。一面を覆う。「イチゴにミルクが―・っている」「霧が―・る」
  1. ㋑水や粉などが飛び散って当たる。ふりかかる。「しぶきが―・る」「ほこりが―・る」
  1. 仕掛けなどで捕らえる。また、捕らえられた状態で動きが止まる。「大きな魚が―・る」「網に―・った鳥」「凧 (たこ) が木の枝に―・る」
  1. 仕組まれた謀 (はかりごと) に陥る。はまる。「相手の罠 (わな) に―・る」「計略に―・る」「暗示に―・る」
  1. ㋐(「…の手にかかる」の形で)傷つけられたり、殺されたりする。「敵の手に―・る」
  1. ㋑(「目にかかる」の形で)目にとまる。見られる。「勘当したからは二度と親の目に―・るな」「お目に―・る(=オ会イスル)」
  1. 偶然に物にさわる。「うっかり手が―・ってしまった」
  1. 10
  1. ㋐他から作用・動作が及ぶ。「技が―・る」「ちっとも誘いが―・らない」
  1. ㋑送られてきて、こちらに届く。「声が―・る」「電話が―・ってくる」
  1. ㋒付いている仕掛けが働いて、本体が動かないように固定される。「錠が―・る」
  1. ㋓装置が作動して機能を発揮しだす。「車のエンジンが―・らない」「ひと晩じゅうラジオが―・っている」
  1. 11 何かが心にしっかりと付いてその状態にとどまる。「気に―・る」「心に―・る日本の将来」
  1. 12
  1. ㋐望ましくないことがこちらの身に及んでくる。身にふりかかる。「迷惑が―・る」「疑いが―・る」
  1. ㋑負担すべきものとして押し付けられる。課せられる。「税金が―・る」
  1. 13 (「罹る」とも書く)病気や災難などを身に受ける。とりつかれる。「伝染病に―・る」
  1. 14 時間・費用・労力などが必要とされる。費やされる。要する。「手の―・る仕事」「完成に一〇年―・る」
  1. 15
  1. ㋐ものの働き・力が加わる。「芸に磨きが―・る」
  1. ㋑頭から押さえつけるような態度に出る。「かさに―・る」
  1. 16 攻撃的に挑む。攻めていく。「束になって―・る」「攻略に―・る」
  1. 17
  1. ㋐物事に着手する。しはじめる。「仕事に―・る」「取り壊しに―・る」
  1. ㋑その事に当たる。従事する。「今―・っている仕事」
  1. 18 ある範囲・場所・期間にまで及ぶ。経過してきてその所・時間に至る。「鼻に―・った声」「急勾配に―・る」「工事が来春まで―・る」
  1. 19 重みなどがそちらに加え乗せられる。力などが向けられる。「体重が―・った姿勢」「揉 (も) み消しの圧力が―・る」
  1. 20
  1. ㋐物心の両面にわたって頼みとする。他のものに頼る。養ってもらう。「老後は子供に―・る」
  1. ㋑処置・処理をまかせる。扱われる。「医者に―・る」「あの人に―・ってはかなわない」
  1. 21 議案などが公の場に持ち出されて取り扱われる。「案件が委員会に―・る」「裁判に―・る」
  1. 22 重大な結果が予想される。「優勝の―・った大一番」「懸賞が―・る」「この建物には保険が―・っている」
  1. 23
  1. ㋐そのような性質・傾向を帯びる。「赤みの―・った黄色」
  1. ㋑交配される。「四国犬にマスチフの―・った土佐犬」
  1. 24
  1. ㋐(係る)物事がかかわる。重要なところに関係をもつ。「存否に―・る問題」
  1. ㋑その人によって作られる。その人の手になる。「空海大師の開基に―・る」
  1. 25 (係る)文章中のある語句の文法上の働きが、あとの他の語句と関係をもつ。修飾する。「『青い空』の『青い』は形容詞の連体形で、『空』に―・る」
  1. 26 多く、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、初めからそのような状態で、またはそのように思い込んで、事に対する意を表す。「相手をのんで―・る」「だめだと決めて―・る」
  1. 27 神霊が人間に乗り移る。
    • 「神有 (ま) して、皇后に―・りて誨 (をし) へまつりて曰く」〈仲哀紀〉
  1. 28 気分や調子が乗る。
    • 「声も調子に―・り、能も心づくころなれば」〈花伝・一〉
  1. 29 他の動詞の連用形のあとに付いて用いる。
  1. ㋐今にも…しそうになる。また、ちょうど…する。…しはじめる。「溺 (おぼ) れ―・る」「崩れ―・る」「通り―・る」「立ち―・る」
  1. ㋑ある動作を他に向ける。何かに向かって…する。「飛び―・る」「寄り―・る」
  1. [可能]かかれる[ラ下一]

「かかる【掛(か)る/懸(か)る/係る】」の前の言葉

「かかる【掛(か)る/懸(か)る/係る】」の後の言葉