• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐げい【足芸】 の意味

  1. あおむけに寝て、足だけでする曲芸。樽 (たる) やたらいなどを回したりする。足業 (あしわざ) 。
  • あし‐げい【足芸】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・手品か軽業か足芸のようなものを見て、帰りに葦簾張りの店へはいって氷水を飲むか、あるいは熱い「ぜんざい」を食った。

      寺田寅彦「涼味数題」