• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あした【朝】

  1. 夜の明けるころ。あさ。⇔夕べ
    • 「吾を呼び醒ませし―の使は彼なりけるよと」〈蘆花不如帰
  1. 次の日の朝。翌朝。
    • 「野分 (のわき) の―こそをかしけれ」〈徒然・一九〉
  1. 朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
    • 和漢朗詠集・下の「朝に紅顔あって世路に誇れども、暮(ゆふべ)に白骨となって郊原に朽ちぬ」から》この世は無常で、人の生死は予測できないことをいう。
  1. 朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり
    • 《「論語」里仁(りじん)から》朝に人としての大切な道を聞いて悟ることができれば、その晩に死んでも心残りはないという意。
  1. 朝に夕べを謀らず
    • 《「春秋左伝」昭公元年から》朝にその日の夕方のことを考えないの意から、先のことを考えない、また、考える余裕がないことをいう。朝に夕べを慮(おもんぱか)らず。
  1. あしたどころ【朝所】
  1. あしたのつゆ【朝の露】
    • 朝、草葉に置いた露。はかない人生のたとえに用いる。
      「―に異ならぬ世を」〈・夕顔〉