• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐たず〔‐たづ〕【×葦田鶴】

  1. 《葦の生える水辺にいるところから》鶴 (つる) の別名。
    • 「湯の原に鳴く―は我 (あ) がごとく妹 (いも) に恋ふれや時わかず鳴く」〈・九六一〉
  1. あしたずの【葦田鶴の】
    • [枕]「音(ね)になく」にかかる。
      「―ねに泣かぬ日はなし」〈古今・恋五〉

「あし‐たず〔‐たづ〕【×葦田鶴】」の前の言葉

「あし‐たず〔‐たづ〕【×葦田鶴】」の後の言葉