• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐で【×葦手】

  1. 装飾文様の一種で、文字を絵画的に変形し、葦・水鳥・岩などになぞらえて書いたもの。平安時代に始まり、中世を通じて行われた。葦手書き。
  1. 葦手絵」の略。
  1. あしでえ【葦手絵】
    • 樹木・草花・岩などの一部に文字を装飾的に組み込んだ絵。料紙の下絵や蒔絵(まきえ)などに用いられた。
  1. あしでがき【葦手書(き)】
  1. あしでもじ【葦手文字】
    • 葦手書きにした文字。