• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

がく‐と【学徒】 の意味

  1. 学問の研究に従事する人。研究者。
  1. 学生と生徒。

がく‐と【学徒】の慣用句

  1. がくとえんごかい【学徒援護会】
    • 学生の厚生・援護を目的とした財団法人。戦時中に軍需工場などに動員された学生・生徒の業務上の災害救済や教養指導を行う動員学徒援護会として設立。勤労学徒援護会を経て、昭和22年(1947)、学徒援護会に改称。全国の主要都市に学生相談所・学生会館を設置。学生寮・学生センターの運営、下宿・貸間・アルバイトの斡旋(あっせん)などの事業を行った。平成元年(1989)内外学生センターに改称。平成16年(2004)、日本育英会日本国際教育協会・国際学友会・関西国際学友会の事業を整理統合し、独立行政法人日本学生支援機構(JSSO)および財団法人日本国際教育支援協会(JEES)として改組。
  1. がくとしゅつじん【学徒出陣】
    • 第二次大戦末期の昭和18年(1943)以降、兵力不足を補うため、それまで26歳までの大学生に認められていた徴兵猶予を文科系学生については停止して、20歳以上の学生を入隊・出征させたこと。
  1. がくとどういん【学徒動員】
    • 日中戦争以後、国内の労働力不足を補うために学生・生徒を工場などで強制的に労働させたこと。昭和13年(1938)年間数日の勤労奉仕が実施されて以来、戦況の悪化につれて動員体制が強化され、昭和19年(1944)には通年動員となった。
  1. がくとへい【学徒兵】
    • 学校に籍を置いたまま戦争に動員された兵。
  • がく‐と【学徒】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし現代に生を享けて、しかも学徒としての境遇におかれたインテリゲンチャの青年にあっては、その倫理的要請は倫理学というひとつの合理的なる学に向かうということはきわめて自然なことである。

      倉田百三「学生と教養」

    • ・・・ この二人は、どちらもピサゴラスの学徒と言って、ピサゴラスという、ずっと昔にいた学者の教えを奉じている人たちでした。

      鈴木三重吉「デイモンとピシアス」

    • ・・・真理追及の学徒ではなしに、つねに、達観したる師匠である。

      太宰治「古典竜頭蛇尾」