• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

か‐ぐわし・い〔‐ぐはしい〕【芳しい/香しい/×馨しい】 の意味

  1. [形][文]かぐは・し[シク]《「香 (か) 細 (くは) し」の意》
  1. よいにおいがする。香りがよい。かんばしい。こうばしい。「―・い梅の香り」
  1. 心が引かれる。好ましい。すばらしい。
    • 「あなたとの最初の邂逅が、こんなにも、海を、月を、夜を、―・くさせたとしか思われません」〈田中英光・オリンポスの果実〉
「見まく欲 (ほ) り思ひしなへに縵 (かづら) かげ―・し君を相見つるかも」〈・四一二〇〉
  1. [派生]かぐわしげ[形動]かぐわしさ[名]
  • か‐ぐわし・い〔‐ぐはしい〕【芳しい/香しい/×馨しい】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・濃く香しい、その幾重の花葩の裡に、幼児の姿は、二つながら吸われて消えた。

      泉鏡花「若菜のうち」

    • ・・・其焼たての香しい香が戸外までぷんぷんする。

      国木田独歩「二少女」

    • ・・・そして奇麗に傷口を洗ってやって、その上、傷口へ二三度香しい息を吹きかけてやって云いました。

      宮沢賢治「双子の星」