• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐はら【×葦原】

  1. 葦の多く生えている所。あしわら。 秋》
  1. あしはらがに【葦原蟹】
    • イワガニ科のカニ。河口の葦原などにすむ。甲幅3.5センチくらいで、全体に暗緑色。はさみ脚で音を出す。
  1. あしはらのくに【葦原の国】
    • 日本の国の異称。
      「草木みなことやめよとて―へ立ちにしいさをなりけり」〈日本紀竟宴和歌〉
  1. あしはらのちいおあきのみずほのくに【葦原の千五百秋の瑞穂の国】
    • 日本の国の美称。穀物がいつも豊かにみのる国の意。
      「―は、是、吾が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり」〈神代紀・下〉
  1. あしはらのなかつくに【葦原の中つ国】
    • 日本の国の異称。「中つ国」は、高天原(たかまがはら)黄泉(よみ)の国の中間にある地上の世界の意。
      「―に有らゆるうつくしき青人草の、苦しき瀬に落ちて」〈・上〉
  1. あしはらのみずほのくに【葦原の瑞穂の国】
    • 日本の国の美称。
      「―を天降り知らしめける皇祖(すめろき)の」〈・四〇九四〉