• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

か‐こう【仮構】 の意味

  1. [名](スル)実際にはないことを存在するものとして仮に作り設けること。想像によってつくり出すこと。また、そのもの。虚構。「仮構の世界」
  • か‐こう【仮構】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 実際、中田の遊廓の一条は、仮構であった。

      田山花袋「『田舎教師』について」

    • ・・・この事実から眼をそむけて神と死後の生とを仮構するのは、現実をありのままに受容するに堪えない卑怯者の所作に過ぎぬ。

      和辻哲郎「『偶像再興』序言」