• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あしらい〔あしらひ〕

  1. 応対すること。あつかい。もてなし。「ひどい―を受けた」
  1. 組み合わせて趣を添えること。また、そのもの。取り合わせ。「―にパセリを添える」
  1. (「会釈」とも書く)芸能の型。また、手法。
  1. ㋐能で、相手役に向き直って応対する型。
  1. ㋑能の囃子 (はやし) の一。
  1. ㋒狂言に奏する囃子。狂言アシライ。
  1. ㋓長唄で、間拍子 (まびょうし) に合わせて、自由な形で即興演奏する手法。
  1. 連句の付合 (つけあい) 手法の一。前句の事物を取り入れた付け方。→七名八体 (しちみょうはったい) 

「あしらい〔あしらひ〕」の後の言葉