• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あす【明日】 の意味

  1. 今日の次の日。あした。みょうにち。副詞的にも用いる。「―お宅に伺います」
  1. 近い将来。未来。「―の世界に希望をかける」「―を担 (にな) う若人」
  1. あした[用法]

あす【明日】の慣用句

  1. 明日の事を言えば鬼が笑う
    • 未来のことは前もって知ることはできないというたとえ。気の早いことを言うな、とからかいの気持ちを含めていう。
  1. 明日の百より今日の五十
    • あてにならないものに期待するより、たとえ少なくても確実なものの方がよいということ。末の百両より今の五十両。聞いた百文より見た一文。
  1. 明日の淵瀬
  1. 明日は淵瀬
    • 《古今集・雑下の「世の中はなにか常なる飛鳥川(あすかがは)昨日の淵ぞ今日は瀬になる」から》人の身の上は明日はどうなるかわからないこと。将来どう変わってゆくかわからないこと。「明日の淵瀬」とも。
  1. 明日は我が身
    • よくないことが、いつ自分自身にふりかかってくるかわからないということ。
  • あす【明日】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「じゃ明日いらっしゃい。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・そして今年になって、農場がようやく成墾したので、明日は矢部もこの農場に出向いて来て、すっかり精算をしようというわけになっているのだ。

      有島武郎「親子」

    • ・・・自然主義を捨て、盲目的反抗と元禄の回顧とを罷めて全精神を明日の考察――我々自身の時代に対する組織的考察に傾注しなければならぬのである。

      石川啄木「時代閉塞の現状」