• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あすかべ‐の‐つねのり【飛鳥部常則】 とは

  1. 平安中期、村上天皇のころの宮廷絵師。生没年未詳。作品は現存しないが、源氏物語にその名がみえ、唐風に代わる日本的な絵画の発展に寄与したとされる。