• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずかり〔あづかり〕【預(か)り】

  1. 人や物などを預かること。「―物」「保護―」
  1. 預かり証。「一筆―を書く」
  1. 物事の決着をつけないで持ち越すこと。特に相撲などで、勝負をつけないままにすること。「その件は次回まで―としよう」
  1. 引き受けてめんどうをみること。また、その人。担任者。管理者。留守番。
    • 「なにがしの院におはしまし着きて、―召し出づるほど」〈・夕顔〉
  1. 平安時代、役人の長の一。院の御厨子所 (みずしどころ) 進物所の奉行など。
  1. 中世、荘官 (しょうかん) の一。→預所 (あずかりどころ) 
  1. あずかりきん【預(か)り金】
    • 預かった金。預け金を受託者の側からいう。
    • 《「借りる」ことを「預かる」というところから》借金。江戸では金本位なので「あずかりきん」、上方では銀本位なので「あずかりぎん(預かり銀)」といった。
      「講中の―も晦日(みそか)にゃあ揃(そろ)へて」〈人・辰巳園・初〉
  1. あずかりきんはらいもどしせいど【預(か)り金払(い)戻し制度】
  1. あずかりしさん【預(か)り資産】
  1. あずかりしょ【預(か)り所】
    • 《「あずかりじょ」とも》
    • 委託に応じて物品などを預かる所。「手荷物―」
  1. あずかりしょう【預(か)り証】
    • 金品などを預かったという証拠として渡す書き付け。預かり書。
  1. あずかりしょうけん【預(か)り証券】
    • 倉庫業者が貨物寄託者の請求により、貨物保管の証として、質入れ証券とともに貨物寄託者に渡す証券。預かり手形。
  1. あずかりしょうもん【預(か)り証文】
    • 金品を預かった証拠に渡す文書。
  1. あずかりち【預地】
    • 江戸時代、諸藩や名主などが管理を委託された幕府直轄地。預かり所。あずけち。
  1. あずかりてがた【預(か)り手形】
    • 江戸時代、両替商が預金者に対して発行した手形。
  1. あずかりどころ【預所】
  1. あずかりにん【預(か)り人】
    • 人の身柄を引き受けて監視や世話をする人。
  1. あずかりぬし【預(か)り主】
    • 金品・土地などを預かっている人。預かり人。
  1. あずかりもの【預(か)り物】
    • 他人から預かっている品物。