• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずかり‐きん〔あづかり‐〕【預(か)り金】 の意味

  1. 預かった金。預け金を受託者の側からいう。
  1. 《「借りる」ことを「預かる」というところから》借金。江戸では金本位なので「あずかりきん」、上方では銀本位なので「あずかりぎん(預かり銀)」といった。
    • 「講中の―も晦日 (みそか) にゃあ揃 (そろ) へて」〈人・辰巳園・初〉