• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずき〔あづき〕【小豆】

  1. マメ科の一年草。高さ30~50センチ。葉は3枚の小葉からなる複葉。茎・葉に毛がある。夏、黄色い花を開く。種子はふつう暗赤色。古く中国から渡来し、各地で栽培され、種子を餡 (あん) などに用いる。しょうず。 秋》
  1. あずきアイス【小豆アイス】
  1. あずきあらい【小豆洗い】
    • 小豆を洗う音をたてる妖怪。川辺に近づくと「小豆とぎましょか、人とって食いましょか、しょきしょき」と声がするという。全国に伝承がみられる。小豆研(と)ぎ。
  1. あずきいろ【小豆色】
    • 小豆の色に似た暗赤色。
  1. あずきおり【小豆織(り)】
    • 赤と藍との小さな格子縞の織物。
  1. あずきがゆ【小豆粥】
    • 小豆を入れて煮た粥。邪気を除くといわれ、1月15日の朝、餅(もち)を入れて食べる。桜粥。望粥(もちがゆ) 新年》「貧乏も師匠ゆづりや―/万太郎
  1. あずきがわ【小豆革】
    • 小豆色に染めた、しわのあるなめし革。昔、オランダから輸入されたもの。
  1. あずきぞうむし【小豆象虫】
    • マメゾウムシ科の甲虫。豆のさやまたは豆粒に産卵し、幼虫は小豆の害虫。まめぞう。なみまめぞう。あずきむし。
  1. あずきとぎ【小豆研ぎ】
  1. あずきなし【小豆梨】
    • バラ科の落葉高木。山地に生え、枝は紫黒色で白色の斑点があり、秤(はかり)の目のように見える。初夏、白色の花が咲き、長楕円形の実が赤く熟す。はかりのめ。
  1. あずきねずみ【小豆鼠】
  1. あずきむし【小豆虫】
  1. あずきめし【小豆飯】
    • 小豆を前もって煮ておき、その煮汁とともに白米にまぜて炊いた赤色の飯。あかのめし。あかのごはん。赤飯。
  1. あずきもち【小豆餅】
    • 小豆の餡(あん)を外側にまぶしつけた餅。あんもち。あんころもち。