• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あすば・す【遊ばす】 の意味

  1. [動サ四]《「あそばす」の音変化》
  1. する」の尊敬語。なさる。
    • 「お孫さまが痘瘡 (おやく) を―・したさうでございますね」〈滑・浮世風呂・三〉
  1. (補助動詞)動詞の連用形に接頭語「お」の付いた形に付いて、尊敬の意を添える。…なさる。
    • 「是をお浴び―・してお上り―・せ」〈滑・浮世風呂・二〉
  1. [補説]多く女性が使う。
  • あすば・す【遊ばす】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・けれども中には『竜王が鎮護遊ばすあの池に獺の棲もう筈もないから、それはきっと竜王が魚鱗の命を御憫みになって、御自分のいらっしゃる池の中へ御召し寄せなすったのに相違ない。

      芥川竜之介「竜」

    • ・・・ と一際首を突込みながら、「花といえば、あなたおあい遊ばすのでございましょうね、お通し申しましてもいいんですね。

      泉鏡花「縁結び」

    • ・・・「もうこんな気になりましては、腹の子をお守り遊ばす、観音様の腹帯を、肌につけてはいられません。

      泉鏡花「神鷺之巻」