• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あす・ぶ【遊ぶ】 の意味

  1. [動バ五(四)]あそぶ」の音変化。
    • 「卒業してから三年になるが、まだ―・んでるぜ」〈漱石・野分〉
  • あす・ぶ【遊ぶ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・の字さんは翌年の夏にも半之丞と遊ぶことを考えていたそうです。

      芥川竜之介「温泉だより」

    • ・・・一たび如来のお弟子となれば、永久に生死を躍り越えて常寂光土に遊ぶことが出来るぞ。

      芥川竜之介「尼提」

    • ・・・ 唐土の昔、咸寧の吏、韓伯が子某と、王蘊が子某と、劉耽が子某と、いずれ華冑の公子等、相携えて行きて、土地の神、蒋山の廟に遊ぶ

      泉鏡花「一景話題」