• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずま〔あづま〕【東/×吾妻/××嬬】

  1. 東の方。東方。
  1. 東琴 (あずまごと) 」の略。
  1. 東下駄 (あずまげた) 」の略。
  1. 上代、都から東方の諸国の総称。東国。
    • 「いにしへは相模 (さがむ) 国足柄の岳坂 (やまさか) より東の諸 (もろもろ) の県 (あがた) はすべて―の国といひき」〈常陸風土記
  1. 中世、京都からさして、鎌倉、また鎌倉幕府をいう。
    • 「―の主 (あるじ) (=鎌倉幕府ノ将軍)になしきこえてん」〈増鏡・内野の雪〉
  1. 近世、上方 (かみがた) からみて、江戸をいう。
    • 「都では芸子と名付け―では踊らぬ時も踊り子のすんとして」〈浄・矢口渡
  1. [補説]日本武尊 (やまとたけるのみこと) が東征の帰途、碓氷 (うすい) 峠(景行紀による。古事記では足柄 (あしがら) 山)から諸国を眺め、犠牲となって投身した妃 (きさき) の弟橘媛 (おとたちばなひめ) をしのんで「あづまはや」と呼びかけたという地名起源説話がある。また、東国の範囲については、時代・文献により異同が多く、(1)現在の関東地方、(2)三河以東、陸奥 (むつ) を含む、(3)伊勢尾張を含む、などの説がある。
  1. 東男に京女
    • 男は男らしくいきな江戸の男がよく、女は優しく美しい京の女がよい。
  1. あずまあそび【東遊び】
  1. あずまうた【東歌】
  1. あずまうど【東人】
    • 「あづまびと」の音変化。
      「あやしの―なりとも、賑ははしきにつきて」〈徒然・二四〇〉
  1. あずまえびす【東夷】
    • 京都からみて、東国の人、特に無骨で粗野な東国武士をあざけっていった語。東夷(とうい)
  1. あずまおとこ【東男】
    • 関東生まれの男。特に、美しくしとやかな京女に対して、気立てに張りがあり、さっぱりしている江戸の男をいう。
    • 東国の男子。
      「鶏(とり)が鳴く―の妻別れ悲しくありけむ年の緒長み」〈・四三三三〉
    • 田舎くさく言語動作が粗野な関東武士などをいう。
      「荒ましき―の」〈・宿木〉
  1. あずまおどり【東踊(り)】
    • 東京新橋の芸者連が、毎年春に新橋演舞場で催す舞踊の会。大正14年(1925)に始まり、戦争で一時中絶し、昭和23年(1948)復活。京都祇園の都踊りにならったもの。 春》
  1. あずまからげ【東絡げ】
    • 着物の裾を腰の両わきにからげて帯に挟むこと。東折り。あずまばしょり。
      「いざや潮を汲まんとして…―の潮衣」〈謡・
  1. あずまぎく【東菊】
    • キク科の多年草。本州中・北部の山地の草原に生え、葉はへら状で毛がある。4~6月ごろ、周辺が淡紅紫色で中央が黄色の頭状花をつける。 春》
  1. あずまくだり【東下り】
    • 京都から東国へ行くこと。中世・近世には、もっぱら鎌倉・江戸へ行くことをさす。海道下り。
  1. あずまげた【吾妻下駄】
    • 台に畳表を張った樫(かし)の薄歯の女性用の下駄。江戸初期に吾妻という遊女が履いたので名づけられたという。
  1. あずまコート【吾妻コート】
    • 被布襟(ひふえり)で、長さが裾まである、女性の和服用コート。明治の中ごろ、東京から流行した。
  1. あずまごと【東琴】
  1. あずまことば【東言葉】
    • 東国地方の言葉。関東方言。
  1. あずまざさ【東笹】
    • イネ科の植物。本州の中北部の山野に生える。高さ約2メートル。葉は3~5枚つく。
  1. あずまじ【東路】
    • 京都から東国へ行く道。東海道・東山道をさす。また、一般に東国地方。
  1. あずましょうじ【東障子】
    • 障子紙の代わりにガラスをはめた障子。
    • 縦の組子を密にした障子。
  1. あずまじょうるり【吾妻浄瑠璃】
  1. あずまそだち【東育ち】
    • 東国地方、特に江戸で育つこと。また、その人。
      「品やさしきはおのづから、―の隅田川」〈人・梅児誉美・三〉
  1. あずまっこ【東っ子】
    • 東国の男子。江戸っ子。江戸の町人が自負していう語。
      「これんばかしもいざあ言ったことのねえ―だ」〈滑・浮世風呂・前〉
  1. あずまつづれ【東綴れ】
    • 明治の末に、栃木県足利(あしかが)地方で織り出したつづれ織り。女性用の帯地にする。
  1. あずまなまり【東訛り】
    • 東国地方の言葉のなまり。京言葉に比べて下品なものとされた。東声(あずまごえ)
  1. あずまにしき【東錦】
    • 金魚の一品種。オランダシシガシラとキャリコ出目金の雑種で、体形は前者に、体色は後者に似る。
  1. あずまにしきえ【東錦絵】
    • 《上方の錦絵に対して、江戸で刊行された錦絵の意》浮世絵の一。明和年間(1764~1772)鈴木春信の創始による。多色、木版刷り。江戸絵。東絵。
  1. あずまにしきがい【東錦貝】
    • イタヤガイ科の二枚貝。潮間帯から水深20メートルまでの岩石に足糸で着生する。貝殻はホタテガイに似た形で、殻長7センチくらい。色は赤・紫など。殻表には大小の放射状の肋(ろく)がある。食用。あかざらがい。
  1. あずまねざさ【東根笹】
    • イネ科の常緑または半常緑性の植物。群生し、葉は小枝の先に6、7枚つき、先が鋭くとがる。穂は緑色または紫色。竹の子は細長く、皮は暗緑色または紫色。関東や東北地方に分布。
  1. あずまびと【東人】
    • 東国の人。田舎者の意を含んでもいう。あずまうど。あずまど。
      「破(わ)り子や何やと、こなたにも入れたるを、―どもにも食はせ」〈・宿木〉
  1. あずまひゃっかん【東百官】
    • 戦国時代以後、関東の武士が京都朝廷の官名をまねて用いた通称。多門(たもん)・左内(さない)・伊織(いおり)・左膳(さぜん)・右膳(うぜん)・数馬(かずま)・頼母(たのも)など。
  1. あずまむすび【東結び/吾妻結び】
    • ひもの結び方の一。輪を左右に出して、中を三巻きにしたもの。几帳(きちょう)・守り袋・すだれなどのひもを結ぶときに用いる。
  1. あずまや【東屋/四阿/阿舎】
    • 庭園などに設けた四方の柱と屋根だけの休息所。亭(ちん)。→ガゼボ
    • (東屋)源氏物語第50巻の巻名。薫大将、26歳。左近少将との婚約に失敗した浮舟に、薫と匂宮の二人が思慕の情を燃やす。
  1. あずまりゅうにげんきん【東流二弦琴】
    • 八雲琴(やくもごと)を実用的に改良した二弦琴。明治の初め、初世藤舎蘆船(とうしゃろせん)が考案。主として家庭内で俗曲に使用された。
  1. あずまわらわ【東豎子/東孺】

「あずま〔あづま〕【東/×吾妻/××嬬】」の前の言葉

「あずま〔あづま〕【東/×吾妻/××嬬】」の後の言葉