• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずま‐えびす〔あづま‐〕【×夷】 の意味

  1. 京都からみて、東国の人、特に無骨で粗野な東国武士をあざけっていった語。東夷 (とうい) 。
  • あずま‐えびす〔あづま‐〕【×夷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「日蓮は日本国東夷東条安房国海辺旃陀羅が子也」と彼は書いている。

      倉田百三「学生と先哲」

    • ・・・この山のとなえをいつの頃よりか武甲と書きならわししより、終に国の名の武蔵の文字と通わせて、日本武尊東夷どもを平げたまいて後甲冑の類をこの山に埋めたまいしかは、国を武蔵と呼び山を武甲というなどと説くものあるに至れり。

      幸田露伴「知々夫紀行」

    • ・・・ 宇都野さんの歌はどう見ても大宮人の歌ではない、何処かしら東夷とでも云いたいような処があると私は思う。

      寺田寅彦「宇都野さんの歌」