• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あずま‐ばし〔あづま‐〕【吾妻橋】 の意味

  1. 隅田川に架かる橋の一。東京都台東区浅草と墨田区向島とを結ぶ。安永3年(1774)に初めて架けられ、大川橋ともよばれた。
  • あずま‐ばし〔あづま‐〕【吾妻橋】の例文

    出典:青空文庫

    • 吾妻橋から川下ならば、駒形、並木、蔵前、代地、柳橋、あるいは多田の薬師前、うめ堀、横網の川岸――どこでもよい。

      芥川竜之介「大川の水」

    • ・・・ 鼠の鍔をぐったりとしながら、我慢に、吾妻橋の方も、本願寺の方も見返らないで、ここを的に来たように、素直に広小路を切って、仁王門を真正面。

      泉鏡花「妖術」

    • ・・・ こういうことを思い浮べながら、玉乗りのあった前を通っていると吾妻橋の近処に住んでいる友人に会った。

      岩野泡鳴「耽溺」