• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かなざわ〔かなざは〕【金沢】 の意味

  1. 横浜市の区名。東京湾に面し、金沢八景で知られるが、湾岸は埋め立てられ、工業地。金沢文庫がある。

かなざわ〔かなざは〕【金沢】の慣用句

  1. かなざわく【金沢区】
  1. かなざわどうぶつえん【金沢動物園】
    • 横浜市金沢区にある動物園。昭和57年(1982)開園。世界の希少草食動物を中心に飼育している。横浜市立金沢動物園。
  1. かなざわはっけい【金沢八景】
    • 横浜市金沢区にあった景勝地。洲崎(すざき)の晴嵐(せいらん)、瀬戸の秋月、小泉の夜雨、乙艫(おっとも)の帰帆、称名寺(しょうみょうじ)の晩鐘、平潟の落雁(らくがん)、野島の夕照、内川の暮雪。明(みん)の心越禅師の命名という。
  1. かなざわぶんこ【金沢文庫】
    • 鎌倉中期、北条実時(ほうじょうさねとき)が武蔵国六浦庄金沢郷(横浜市金沢区)の称名寺境内に設立した文庫。和漢の貴重図書を収蔵し、「足利(あしかが)学校」と並んで中世教育史上の重要な存在。昭和5年(1930)公開図書館となる。所蔵する多数の古文書類は「金沢文庫古文書」として刊行されて、典籍類も刊行中。かねさわぶんこ。