• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かな‐ぞうし〔‐ザウシ〕【仮名草子】 の意味

  1. 江戸初期に行われた小説類の呼称。婦人・子供向けに、平易な仮名文で書かれた、啓蒙娯楽を主としたものが多い。「恨之介 (うらみのすけ) 」「一休咄 (いっきゅうばなし) 」など、室町時代の御伽草子の伝統を受ける一方、のちの浮世草子の先駆となった。