• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

か‐なり【可成り/可×也】 の意味

  1. 《許し認める意の「可なり」から》
  1. [形動][文][ナリ]相当の程度まで行っているさま。また、相当の程度以上に達しているさま。「可成りな収入がある」「可成りな数にのぼる」
  1. [副]極端ではないが、並の程度を超えているさま。思ったより以上に。相当。「今日は可成り人が出ている」「可成り酔っているようだ」
  1. [用法]かなり・[用法]だいぶ可成り可成り「台風の影響で海はかなり(だいぶ)荒れている」「病気はかなり(だいぶ)重い」などでは相通じて用いられ、物事の程度が「非常に」「とても」「大変」ほどではないが、平均以上であることを表す。◇「かなり」は「かなりな金額」「かなり出来る」のように、平均を超えたある程度を示すが、「だいぶ」は「夜になって、気温がだいぶ下がってきた」「だいぶ片付いた」のように、進行している事柄でさらに程度が進む可能性のある場合にぴったりする。◇類似の語に「相当」がある。「相当」は「かなり」「だいぶ」と同じように用いるが、より程度が上回っている感じがあり、「相当金のかかる大学だ」「相当な切手マニアだ」などでは、驚きあきれる感情がこもっている。◇また、類似の語「随分」の用法には「かなり」「だいぶ」と相通じるものがある。
  • か‐なり【可成り/可×也】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そうして、その境涯は、可也僕には羨ましい境涯である。

      芥川竜之介「合理的、同時に多量の人間味」

    • ・・・けれども含芳の顔を見た時、理智的には彼女の心もちを可也はっきりと了解した。

      芥川竜之介「湖南の扇」

    • ・・・ 僕は大学に在学中、滝田君に初対面の挨拶をしてから、ざっと十年ばかりの間可也親密につき合っていた。

      芥川竜之介「滝田哲太郎氏」