• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あせび【馬木】 の意味

  1. ツツジ科の常緑低木。乾燥した山地に自生。早春、多数の白い壺 (つぼ) 形の花が総状につく。有毒。葉をせんじて殺虫剤にする。「馬酔木」は、馬がこの葉を食べると脚がしびれて動けなくなるのによる。どくしば。あしび。あしみ。あせみ。あせぼ。 春》
  • あせび【馬木】の例文

    出典:青空文庫

    • 馬酔木もさかんな香気を放つようになった。

      島崎藤村「分配」

    • ・・・客間の庭には松や梅、美しい馬酔木、榧、木賊など茂って、飛石のところには羊歯が生えていた。

      宮本百合子「雨と子供」

    • ・・・然し、足にまかせ、あの暢やかなスロープと、楠の大樹と、多分馬酔木というのだろう、白い、房々した、振ったら珊々と変に鳴りそうな鈴形小花をつけた矮樹の繁みとで独特な美に満ちている公園を飽かず歩き廻った。

      宮本百合子「宝に食われる」