• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あぜ‐ひき【×畦引き】

  1. 江戸時代、検地の際に、幅1尺(約30センチ)と畦の左右両わき1尺ずつを除いて測量し、その分だけ年貢を免除したこと。

「あぜ‐ひき【×畦引き】」の前の言葉

「あぜ‐ひき【×畦引き】」の後の言葉