• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ‐ぜん【×唖然】 の意味

  1. [ト・タル][文][形動タリ]思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさま。あっけにとられるさま。「意外の出来事に―とする」「―たる面持ち」
  • あ‐ぜん【×唖然】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 三人は、唖然として、為す所を知らなかった。

      芥川竜之介「煙管」

    • ・・・若崎は唖然として驚いた。

      幸田露伴「鵞鳥」

    • ・・・自分たちの助平の責任を、何もご存じない天の神さまに転嫁しようとたくらむのだから、神さまだって唖然とせざるを得まい。

      太宰治「チャンス」