• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かぶ‐ぬし【株主】 の意味

  1. 株式会社の出資者として、株式を所有している者。会社に対して、株主権をもつ。

かぶ‐ぬし【株主】の慣用句

  1. かぶぬしかんげん【株主還元】
    • 企業が事業活動で得た利益を株主に還元すること。その方法として増配株式分割などがある。株主利益還元。
  1. かぶぬしけん【株主権】
  1. かぶぬししほん【株主資本】
    • 平成18年(2006)施行の会社法では、自己資本から「評価・換算差額等」(その他有価証券評価差額金・繰越ヘッジ損益・土地再評価差額金など)を除いたものが「株主資本」(資本金・資本剰余金・利益剰余金・自己株式など)とされる。
  1. かぶぬししほんしゅぎ【株主資本主義】
    • 企業経営の理念として、株主利益の追求を最優先とする考え方。利益追求のための人員削減や、市場での規制緩和の働きかけなどが肯定される。公益資本主義(ステークホルダー資本主義)と対比される。
  1. かぶぬししほんはいとうりつ【株主資本配当率】
  1. かぶぬししほんひりつ【株主資本比率】
  1. かぶぬししほんりえきりつ【株主資本利益率】
  1. かぶぬしそうかい【株主総会】
  1. かぶぬしだいひょうそしょう【株主代表訴訟】
  1. かぶぬしていあん【株主提案】
    • 株主株主総会の議案を提出できる制度。総株主の議決権の1パーセント以上、または300個以上の議決権を、6か月以上前から保有する株主が行うことができる。複数の株主が議決権数を合算して要件を満たすことも可能。株主総会の8週間前までに行使する。提案した議案が10パーセント以上の賛成を得られなかった場合は、同内容の議案は3年間提出できない。
  1. かぶぬしはいぶん【株主配分】
    • [補説]純利益に占める株主配分の比率を総配分性向といい、海外から投資の増加を背景に重要視する企業が増えている。
  1. かぶぬしめいぼ【株主名簿】
    • 株式会社が自社の株主の氏名・住所・保有株数などを記録している名簿。会社法により作成が義務づけられている。
    • [補説]株式等振替制度の導入により、平成21年(2009)から、上場株式の株主名簿書き換えは、原則的に、証券保管振替機構から株式発行企業への「総株主通知」の交付をもって行われることとなった。
  1. かぶぬしもちぶん【株主持(ち)分】
  1. かぶぬしもちぶんひりつ【株主持(ち)分比率】
  1. かぶぬしゆうたい【株主優待】
    • 企業が、権利確定した自社の株主に対し、配当のほかに自社の製品やサービスを無料または格安で提供するなどして優遇すること。
  1. かぶぬしりえきかんげん【株主利益還元】
  1. かぶぬしわりあて【株主割当】
    • 会社が募集株式を発行する際、既存株主に株式の割当を受ける権利を与えること。
  • かぶ‐ぬし【株主】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・また彼の耳にはいる父の評判は、営業者の側から言われているものなのか、株主の側から言われているものなのか、それもよくはわからなかった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・「正木さんでも、私でも――矢張、この鉱泉の株主ということに成ってます」 と先生は流し場の水槽のところへ出て、斑白な髪を濡らしながら話した。

      島崎藤村「岩石の間」

    • ・・・ 同じような立場から云うと、基礎の怪しい会社などを始めから火葬にしないでおいたためにおしまいに多数の株主に破産をさせるような事になる。

      寺田寅彦「マルコポロから」