• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あそ・ぶ【遊ぶ】 の意味

  1. [動バ五(四)]
  1. スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして遊ぶ」「よく学び、よく遊べ」
  1. 何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して遊んでいる」
  1. 飲酒・色事・ギャンブルなどに身を入れる。遊興する。「遊ぶ金欲しさに盗みをはたらく」
  1. 労力・機械・土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が遊んでいる」「遊んでいる資本」
  1. (「…にあそぶ」の形で)見物や勉学のために他の土地へ行く。旅行する。遊学する。「京都に遊ぶ」「三年間パリに遊ぶ」
  1. 野球で、投手が打者のねらいをさぐったり、打ち気をそらしたりするために、わざとボールになる球を投げる。「ツーストライクのあと一球遊ぶ」
  1. 相手をもてあそぶ。からかう。「力が違いすぎて、すっかり遊ばれてしまった」
  1. 詩歌・管弦などを楽しむ。
    • 「をとこは、うけきらはず呼び集へて、いとかしこく―・ぶ」〈竹取
  1. [可能]あそべる
  • あそ・ぶ【遊ぶ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・の字さんは翌年の夏にも半之丞と遊ぶことを考えていたそうです。

      芥川竜之介「温泉だより」

    • ・・・一たび如来のお弟子となれば、永久に生死を躍り越えて常寂光土に遊ぶことが出来るぞ。

      芥川竜之介「尼提」

    • ・・・ 唐土の昔、咸寧の吏、韓伯が子某と、王蘊が子某と、劉耽が子某と、いずれ華冑の公子等、相携えて行きて、土地の神、蒋山の廟に遊ぶ

      泉鏡花「一景話題」