• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あだ【×仇/×寇】 の意味

  1. 《室町時代までは「あた」》
  1. 仕返しをしようと思う相手。敵。かたき。「親の―を討つ」
  1. 恨みに思って仕返しをすること。また、その恨み。「恩を―で返す」
  1. 害をなすもの。危害。「親切のつもりが―となる」
  1. 攻めてくる敵兵。侵入してくる外敵。
    • 「しらぬひ筑紫 (つくし) の国は―守る押への城 (き) そと」〈・四三三一〉

あだ【×仇/×寇】の慣用句

  1. 仇は情け
    • ひどい仕打ちが励みとなって、かえってよい結果になること。
  1. 仇を恩で報いる
  1. 仇をなす
    • 恨みに思う。かたきとみる。
    • 仕返しをする。また、害を及ぼす。
      「我夫婦に―・す悪漢なりと思えば」〈鉄腸・花間鶯〉
  • あだ【×仇/×寇】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・我々が吉良殿を討取って以来、江戸中に何かと討じみた事が流行るそうでございます。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・だから渡は己にとって、恋のとは云いながら、憎くもなければ、恨めしくもない。

      芥川竜之介「袈裟と盛遠」

    • ・・・が、さすがに、ぶくぶくと其処で留った、そして、泡が呼吸をするような光で、 と曳々声で、水を押し上げようと努力る気勢。

      泉鏡花「海の使者」