• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

が‐まん【我慢】 の意味

  1. [名・形動](スル)
  1. 耐え忍ぶこと。こらえること。辛抱。「彼の仕打ちには我慢がならない」「ここが我慢のしどころだ」「痛みを我慢する」
  1. 我意を張ること。また、そのさま。強情。
    • 「―な彼は…外 (うわべ) では強いて勝手にしろという風を装った」〈漱石道草
  1. 仏語。我に執着し、我をよりどころとする心から、自分を偉いと思っておごり、他を侮ること。高慢。
    • 「汝仏性を見んとおもはば、先づすべからく―を除くべし」〈正法眼蔵・仏性〉
  1. [用法]我慢・[用法]辛抱我慢我慢「文句ばかり言ってないで、もっと我慢(辛抱)することを覚えなさい」のように、一般的に、こらえるの意味では相通じて用いられる。◇「仕事はきつかったが、どうにか我慢(辛抱)した」「食糧不足によるひもじさを我慢(辛抱)した」など、苦しさ・つらさ・痛さ・寒さ・くやしさなどをこらえる場合、「我慢」「辛抱」の用法にほとんど違いはない。◇「我慢」は、そのほかに「笑いだしたいのを我慢する」など、より幅広く使える。「辛抱のよい人」は「辛抱」独特の使い方である。◇類似の語に「忍耐」がある。「忍耐」は文章語的で、「忍耐を要する仕事」「忍耐力に富む」などのように用いられる。

が‐まん【我慢】の慣用句

  1. 我慢の角
    • 高慢・強情の気持ちが強いことを、角の堅いのにたとえていったもの。「―が折れる」
  1. がまんくらべ【我慢比べ/我慢競べ】
    • 我慢強さを競うこと。どちらかがあきらめるまで、互いに張り合うこと。また、互いに様子見の状態になること。「試合は―の様相を呈してきた」
  • が‐まん【我慢】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ もうこうなってはいくら我慢しても、睡らずにいることは出来ません。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・彼はそれでも十四、五人までは我慢したが、それで全く絶望してもう小作人を呼び入れることはしなかった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・それでじっと我慢する。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」