• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あた・う〔あたふ〕【能う】 の意味

  1. [動ワ五(ハ四)]《もと必ず打消しを伴い、活用語の連体形に「こと」や助詞「に」を付けて「…にあたわず」「…ことあたわず」の形で多く用いられたが、明治以後は肯定の言い方もみられる》
  1. 可能の意を表す。なしうる。できる。「行くこと―・わず」「味については議論するに―・わず」
  1. 理にかなう。納得がいく。
    • 「―・はぬことなり。はや出だし奉れ」〈竹取
  1. 適する。相当する。
    • 「此れ汝が着る物に―・はず」〈今昔・二三・一八〉
  1. [補説]1の肯定の言い方は、欧米語の可能の助動詞の翻訳として広まった。
  • あた・う〔あたふ〕【能う】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それでも彼は能うかぎり小作人たちに対して心置きなく接していたいと願った。

      有島武郎「親子」

    • ・・・花田  俺たちは力を協せて、九頭竜という悪ブローカーおよび堂脇という似而非美術保護者の金嚢から能うかぎりの罰金を支払わせることを誓う。

      有島武郎「ドモ又の死」

    • 「汝は能う、故になさねばならぬ」である。

      倉田百三「学生と教養」