• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あたか【安宅】

  1. 石川県小松市西部の地名。北陸道の宿駅。
  1. 謡曲。四番目物観世小次郎信光作。奥州へ落ちる義経主従は、途中、安宅の関で富樫 (とがし) に見とがめられるが、弁慶の機転で無事通過する。
  1. あたかのせき【安宅の関】
    • 石川県小松市に鎌倉初期にあった関所。謡曲「安宅」、歌舞伎「勧進帳」の舞台。
  1. あたかのまつ【安宅松】
    • 歌舞伎舞踊長唄。本名題「隈取安宅松(くまどりあたかのまつ)」。初世富士田吉治作曲。明和6年(1769)江戸市村座初演。弁慶が安宅の松のもとで、草刈り童に奥州平泉への道を教えてもらう。