• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あたご‐やま【愛宕山】 の意味

  1. 京都市右京区にある山。標高924メートル。東の比叡山 (ひえいざん) と相対する。山頂に愛宕神社がある。あたごさん。
  1. 東京都港区芝公園北方の小丘陵。標高26メートル。山頂にある愛宕神社への石段は、曲垣平九郎 (まがきへいくろう) が馬で上下した講談で知られる。大正14年(1925)日本最初のラジオ放送所が開設された地。
  1. 千葉県南部、鴨川市と南房総市の境にある山。房総丘陵南部にあり、標高408メートルで千葉県の最高峰。山頂からは太平洋・東京湾が一望できる。
  • あたご‐やま【愛宕山】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――なから舞いたりしに、御輿の岳、愛宕山の方より黒雲にわかに出来て、洛中にかかると見えければ、―― と唄う。

      泉鏡花「伯爵の釵」

    • ・・・路地から通りに出ますと、月が傾いてちょうど愛宕山の上にあるのでございます。

      国木田独歩「女難」

    • ・・・飯綱山も愛宕山に負けはしない。

      幸田露伴「魔法修行者」