• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あたたか【暖か/温か】 の意味

  1. [形動][文][ナリ]
  1. (暖か)暑すぎもせず、寒くもなく、程よい気温であるさま。あったか。「暖かな小春日和」 春》「暖かな雨がふるなり枯葎 (かれむぐら) /子規
  1. (温か)物が冷たくなく、熱すぎもせず、程よい温度であるさま。「暖かなスープ」
  1. (温か)思いやりのあるさま。「暖かな家庭」
  1. (暖か)金銭が十分にあるさま。「懐が暖かだ」
  1. (暖か)色合いが、赤・黄系統で柔らかい感じのするさま。「壁の色が暖かだ」
  1. 穏やかなさま。すなおだ。
    • 「銀 (かね) も見ずに―に請取をせうわいなあ」〈浄・生玉心中
  1. ずうずうしいさま。いい気なさま。
    • 「―な事言はれなと声をとがらし申しける」〈浄・文武五人男〉
  1. [派生]あたたかげ[形動]あたたかさ[名]あたたかみ[名]
  • あたたか【暖か/温か】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その中で変らないのは、午後の日が暖かに春を炙っている、狭い往来の土の色ばかりである。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・あのどちらかと言えば、泥濁りのした大川のなま暖かい水に、限りないゆかしさを感じるのか。

      芥川竜之介「大川の水」

    • ・・・妻は吸い取られるように暖かそうな火の色に見惚れていた。

      有島武郎「カインの末裔」