• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あだ‐なみ【徒波/浪】 の意味

  1. たいした風もないのに立つ波。変わりやすい人の心、軽々しい行為などをたとえていう語。
    • 「音にだに立てじと思ひし―のあだなる名をも流しつるかな」〈新葉・恋二〉