• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かる【軽】 の意味

  1. 奈良県橿原 (かしはら) 市大軽 (おおかる) 付近の古地名。古代には交通の要地で軽の市 (いち) があった。
  • かる【軽】の例文

    出典:青空文庫

    • 然れども忽に発狂したる罪は鼓を鳴らして責めざるべからず。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・――そう思うと修理は、どんな酷刑でも、この不臣の行を罰するには、すぎるように思われた。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・痩馬は荷がるくなると鬱積した怒りを一時にぶちまけるように嘶いた。

      有島武郎「カインの末裔」