• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あたり【当(た)り/中り】 の意味

  1. [名]
  1. あたること。
  1. ㋐ぶつかること。「立ち合いの―が強い」
  1. ㋑命中すること。的中。「福引で―を出す」⇔はずれ
  1. ㋒催しや企画などが思ったとおりになること。成功。「―の商品」⇔はずれ
  1. ㋓野球などの打撃の調子。「四番打者に―が戻る」
  1. 接触すること。触れること。
  1. ㋐舌や手にさわった感じ。舌ざわり。手ざわり。「―がなめらかだ」
  1. ㋑手掛かり。見当。「犯人の―がついた」
  1. ㋒人に接する態度。交際のぐあい。「―が柔らかい人」
  1. ㋓釣りで、魚がえさに食いつくこと。また、その瞬間に釣り人の受ける感触。魚信。「―はあるが、かからない」
  1. ㋔からだに害となること。中毒。多く他の語と複合して用いられる。「食―」「暑気―」
  1. 果物の傷やいたんだ部分。「―のあるリンゴ」
  1. 囲碁で、あと一手で相手方の石が取れる状態。
  1. 仕返し。返報。
    • 「謀られたる―とぞ云ひける」〈宇治拾遺・五〉
  1. むごい扱い。仕向け。
    • 「茂兵衛殿への―は皆悋気 (りんき) から起こった事」〈浄・大経師
  1. [接尾]「一」または単位を表す語に付いて、それに対しての割り当て・割合の意を表す。「一石 (こく) ―の米価」「一人―千円」

あたり【当(た)り/中り】の慣用句

  1. 当たりを付ける
    • 見当を付ける。「―・てから取り組む」
  1. 当たりを取る
    • 興業・商売などで、企画したことが好評を得て成功する。「人情喜劇で―・る」
    • およその見当をつける。
      「お熊が亭主といふことは、―・って置いたのだ」〈伎・灯籠菊桐
  1. あたりあい【当たり合ひ】
    • ちょうどその場にあること。ありあわせ。ありあい。
      「―の枕引き寄せ、大いびきして」〈浮・俗つれづれ・一〉
  1. あたりぎ【当(た)り木】
  1. あたりきょうげん【当(た)り狂言】
    • 評判がよく、客の入りのよい芝居狂言。
  1. あたりくじ【当(た)り籤】
    • くじ引きなどで、当たったくじ。
    • くじ引きで、大物景品が当たる特定のくじ。
  1. あたりげい【当(た)り芸】
    • その俳優が演じると、いつも好評を博する芸。
  1. あたりさわり【当(た)り障り】
    • 他に悪い影響を与える事柄。差し障り。「―のない話題を選ぶ」
    • [補説]多くは「当たり障りがない」「当たり障りのない」の形で使う。
  1. あたりどし【当(た)り年】
    • 農作物の収穫量の特に多い年。「桃の―」
    • 特によいことが多く、思いどおりになる年。「結婚はする、課長にはなる、全く君の―だ」
    • [補説]2は、よいことの多くある年について言うのが本来の使い方だが、近年では「台風の当たり年」などと言うこともある。
  1. あたりばこ【当(た)り箱】
  1. あたりはずれ【当(た)り外れ】
    • 予想や予報などが当たることと外れること。また、物事が成功したり、失敗したりすること。「―の少ない商売」
  1. あたりばち【当(た)り鉢】
  1. あたりび【当たり日】
    • 何かが起こるその日。その事に出くわす日。
      「わらはやみをして、―(=発熱ノ日)に侍りつれば」〈大鏡・序〉
  1. あたりぼう【当(た)り棒】
  1. あたりまえ【当(た)り前】
    • [名・形動]《「当然(とうぜん)」の当て字「当前」を訓読みにして生まれた語》
    • そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。「怒って―だ」
    • 普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。並み。ありきたり。「ごく―の人間」「―の出来」
  1. あたりみ【当(た)り身】
  1. あたりめ【当(た)りめ】
  1. あたりもの【当(た)り物】
    • 思いどおりになったもの。成功した催しなどをいう。
    • (「中り物」とも書く)食べて中毒を起こしたもの。
  1. あたりや【当(た)り屋】
    • 運がよくて人気を得た人や、大もうけをした店。
    • 野球で、よくヒットの出るバッター。
    • 故意に走行中の自動車などにぶつかって、治療費や補償金をゆすり取る者。
    • 理髪店をいう忌み詞。ひげを「す(剃)る」を嫌ったもの。
  1. あたりやく【当(た)り役】
    • ある俳優が特に評判を取った役。
  • あたり【当(た)り/中り】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「差当りこれだけ取って置くさ。

      芥川竜之介「アグニの神」