• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

カン【Caen】 の意味

カン【Caen】の慣用句

  1. カンじょう【カン城】
  • カン【Caen】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ミスラ君は永年印度の独立を計っているカルカッタ生れの愛国者で、同時にまたハッサン・カンという名高い婆羅門の秘法を学んだ、年の若い魔術の大家なのです。

      芥川竜之介「魔術」

    • ・・・捻り廻して鬱いだ顔色は、愍然や、河童のぬめりで腐って、ポカンと穴があいたらしい。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・りと分けて、雪に紛う鷺が一羽、人を払う言伝がありそうに、すらりと立って歩む出端を、ああ、ああ、ああ、こんな日に限って、ふと仰がるる、那須嶽連山の嶺に、たちまち一朶の黒雲の湧いたのも気にしないで、折敷にカンと打った。

      泉鏡花「神鷺之巻」